新卒 就活 MENU
就活とは
就活をはじめる前に
まずは情報収集
会社選びとエントリー
自己分析と他己分析
企業研究(分析)
選考プロセスを知る
筆記試験
グループ面接
個別面接〜最終面接
結果
決断
第2新卒 就活 MENU
新卒と第2新卒の違い
第2新卒の求人
第2新卒の選考プロセス
第2新卒の面接
結果と決断(第2新卒編)

就活(就職活動)のスケジュール管理

■とある休日…

『就活中も学校のテストがあったり、バイトしたり、デートしたりして、つい予定を忘れてしまうことがあるんだけど、上手なスケジュール管理方法を教えてよ。』
『スケジュール管理は、社会人になってからも、とても大切なものなので、自分でスケジュールをコントロールできるように、就活中に身につけるようにしよう!』


スポンサード リンク



〜就活(就職活動)のスケジュール管理〜
@スケジュール管理の大切さ
「スケジュール管理と言われても、何をしたらよいかわからないよ」という方も多いと思うので、ここでは、スケジュール管理についてみていきましょう。


「スケジュールをなぜしたほうが良いのか?」という点からまず見ていくと、スケジュール管理をすることによって、「一定のスパン(1日・1週間・1月)の全体像を把握」することができるからです。


特に、就活中は、「就活」「学業・試験」「アルバイト」「プライベート」の4つの予定が同時に進行していきますので、頭ですべてを把握しておくのは不可能のため、スケジュール帳などを利用してスケジュール管理をしていくことがとても大切です。




Aスケジュールを組む時のポイント
では、スケジュール管理をはじめて行おうとしている方に、ポイントをお伝えすると、
1.予定に優先順位をつけよう
2.会社(他人)の都合ばかりを優先しないようにして、自分でコントロールしよう
3.スケジュール管理がうまくいっているかを随時確認しよう

の2つがあります。



1.予定に優先順位をつけよう
スケジュール管理をする場合、まずは、スケジュールを作るときに把握している最優先の予定を、一番最初にスケジュール帳に入れていきます


最優先の予定というのは、どういう予定を指すのかというと、「その日(締切日)を過ぎてしまうと、挽回が不可能になるもの」を言います。


就活で言えば「エントリーシートの締切日」、学校で言えば、「レポートの提出日」「前期・後期のテスト日」などが代表的な例となります。また、人によっては、「彼女(彼氏)の誕生日」も最優先になるかもしれません。あくまで、自分にとっての最優先事項を指します。


⇒さらに一歩踏み込んで、「最優先の予定を準備しはじめる日」もスケジュール帳に入れるようにしましょう。最優先の予定の場合、準備に時間がかかるものが多いため、優先的に時間を確保するようにしておくことが大切です。これによって、「今日は予定が空いているけど、レポートの締切日が来週なので、予定は入れずにレポートを完成させよう」など、早め早めの対策をすることが出来るようになります



そのあとに、「優先」と「その他」という形で、スケジュール帳に埋めていくと、効果的にスケジュールを作ることが出来ます。


また、優先度によって、色を変えるようにすると、一目でスケジュールを把握することができますので、自分の見やすいように、管理をしていきましょう。



2.会社(他人)の都合ばかりを優先しないようにして、自分でコントロールしましょう
この2つ目のポイントは、意識をするだけで大丈夫です。


例えば、就活で、B社の個別面接の日程調整を採用担当者としていたとします。B社の面接が、すでにスケジュールに入っているA社の面接日程が入っている日に重なりそうになった時に、「その日程は都合が悪いので、OO日であれば大丈夫ですが、いかがでしょうか?」と言うことが、自分でスケジュールをコントロールしているという事になります。


⇒他にも、「最優先」としているレポートの準備期間に、面接が入りそうなときにも、同じようなことが出来れば大丈夫です。


つまり、自分で、主体的に、スケジュールや時間を管理していくことが重要という事です。



3.スケジュール管理がうまくいっているかを随時確認しよう
スケジュール管理がうまくいっているか、それとも消化不良になっているのかを確認する方法というのがあります。


スケジュール管理がうまくいっている場合、早め早めの対応をすることが出来ていると感じます。


例えば、『今日が日曜日で時間が空いているから、来週金曜日にゼミのレポートが提出期限だけど、来週水曜日にA社のエントリーシートが締切なので、「A社のエントリーシート」→「ゼミのレポート」の順に仕上げていこう。』というように、締切が早いものから順に対応をしている状況を言います。


この状況であれば、スケジュール管理がうまくいっているので、何ら問題はないのですが、下記のような状況の場合は、予定を詰め込みすぎているか、もしくは優先順位があいまいなので、スケジュール管理がうまくいっていないと言えます。


例えば、『今日が日曜日だけど、アルバイトが入っているから、来週月曜日にゼミのレポートが提出だけど、教授に言って先延ばしにしてもらおう。そして、来週水曜日はA社のエントリーシートの提出期限だけど、前日にやれば間に合うよね。』と思って教授に相談したら、教授から、『明日までにレポートを出さないと単位はあげない!』って言われたので、急きょ月曜日〜火曜日にかけてレポートを徹夜で仕上げて提出。だけど、A社のエントリーシートをやるところまで体力が持たず、結局A社のエントリーは諦め。


という状況で、対応が後手後手にまわっている場合は、もう一度スケジュールを見直すようにしましょう。




Bスケジュール管理のツール(手帳・スマートフォン・パソコン)
今までは、スケジュールの管理方法を見てきましたが、では、どういったものを使って、スケジュール管理をしたらよいかを見ていきます。


今は、スマートフォンやパソコンでスケジュール管理機能がついているので、この機能を使いたいところですが、やはりオススメは、スケジュール手帳を買って、手書きで管理をするという方法です。


就活がなければ、スマートフォンやパソコンのスケジュール管理機能で十分なのですが、就活では、採用担当者とのやり取りの中で、電話を使う機会が増えます。


スマートフォンでスケジュールを管理していると、通話中には、スケジュールを見ながら採用担当者と話ができないので、どうしても、折り返しが多くなってしまいます。(さらに、折り返した場合、通話料は学生側負担です。)


就活については、スムーズに予定を組んでいくことが、良い流れを生みますので、是非スケジュール手帳で管理をするようにしましょう。


⇒パソコンのスケジュール管理機能であれば問題がないかと言われると、こちらも不十分です。採用担当者から電話がかかってきたときに、パソコンを開いていて、すぐに見れる状況であればいいのですが、外出先で電話を受ける場合も多く、すぐにスケジュールを確認できないという事もあるからです。



就活と資格についてを確認する

会社との連絡手段を確認する

就活はいつからはじまる?を確認する

内定がない…でも、どうしても内定を取りたいあなたへを確認する



スポンサード リンク



『スケジュール管理って面倒でやらなかったけど、やった方が効率がよさそうだね。』
『もちろん!「スケジュール管理を制する者は就活を制す」と言うことだよ。スケジュールをしっかり管理した後は、実際にその内容をこなしていくことが大切だよ。』

Copyright(C)2012元採用担当者が語る〜就職活動のやり方〜 All Rights Reserved.
Template design by Nikukyu-Punch